和服を購入した後は手入れをきちんと行なう

ウーマン

美しさを保つ

女の人

普段は和服を着ないという人でも、成人式などの記念日に和服を購入することがあります。しかしあまり着る機会のない人では購入した着物をタンスに長くしまうことになりますが、扱いに慣れていない場合は和服にシミやシワをつけてしまうことが多いです。せっかく買った和服でも汚れていては外に着ていくことは難しいです。和服が汚れてしまったときには、着物を販売する店舗で手入れを依頼するようにしましょう。着物の仕立てや販売を行なう多くの店舗が手入れサービスを行なっています。少しの汚れだからといって自分で落とそうとする人もいますが、水に弱い着物の場合余計に状態が悪化してしまうこともあるので、自己判断をせずにプロに任せることが大切です。手入れサービスでは、汚れを落とすための方法として部分的に行なうシミ抜きや汗抜きの他にも、まるごとクリーニングをする丸洗いのサービスも行なっています。プロがしっかりとした知識や技術を持って行なうので、汚れてしまった和服もきれいに蘇ります。しかし、ときには部分的に汚れるのではなく全体の色があせてしまうことがありますが、そうしたときには染め直しを行なうことも可能です。一度あせてしまった着物の色はクリーニングしただけでは戻りませんが、元の色味を忠実に再現して染め直すと買った当時の鮮やかな色を取り戻すことができます。親から子ども、孫へと受け継がれる着物の場合は丁寧に扱っていてもどうしても劣化していくものですが、定期的にお手入れサービスを依頼することで着物を美しい状態に保つことができるのです。

サイズを合わせる

2人のレディ

自分にぴったりの振袖を大阪で購入したいなら、仕立てサービスを依頼すると生地の柄だけではなくサイズまで自分に合わせることができます。店頭で採寸を行なって仕立てることの他に、自宅から依頼をすることも可能です。

More Detail

着方で遊ぶ

ウーマン

涼しいのが特徴の浴衣ですが、少し着方をアレンジすることで本格的な着物のように見せることが可能です。衿元に襦袢が見えるようにして帯も一般的な着物と同じものを選ぶことで印象が変わります。

More Detail

組み合わせを考える

婦人

京都で着物レンタルを利用するとシーンに合わせて着物を用意することができます。レンタルするときにはどの着物を着用すればいいのか、自分に合うのはどの着物なのか店員に相談することができるので安心です。

More Detail